ホーム>スタッフブログ>香取ショールーム(本店)

香取ショールーム(本店)

ヨツールF100

昨日は今年2回目の薪つくりイベントを開催しました。

晴天に恵まれるなかでの薪割り、参加者の皆様お疲れ様でしたhappy01

その様子は次の機会にupするとして・・・今回はF100!

背面排気仕様で天板が広く使えますね。

煙突が抜けないように専用の金物で固定

201941483633.jpg

20194148378.jpg

あ、これロングレッグですね。

燃焼してる写真はタミーがフェイスブックに上げてるんで見てくださいchick

 

 

ところでですね、先日さっそくメンテナンスいってまいりました。

ストーブシーズン終盤とはいえちょっと早めだったのはですね、

給気レバーを動かしても燃焼の様子が変わらないというご相談があったからです。

何日か前まで普通に燃えてたのに、急に空気が絞れなくなったみたいです。

ヴィンテージ50だったので給気のギアが空回りしちゃってんのかなーと思って開いてみたけど問題なし。

201941484755.jpg

201941484831.jpg

炉内に風が吹き付ける感じと仰っていたのでガスケットを張り直したら正常に燃えてくれました。

煙突が9mくらいあってドラフトがかなり強いから症状も強く表れたのでしょう。

 

メンテナンスのご予約かなり頂いてます。

もうすでに日程が重なり調整が必要な状況になっていますので、先のご予定でもお早めにご連絡頂いたほうが良いかと思われます。よろしくお願いいたします。

 

                         モンドリィィィ

 

CRAFTMAN(クラフトマン)PW-2

毎年3月・4月は気温の変化はげしいですが、今日4月10日最高気温7℃て・・・寒すぎませんかね。

まあそのおかげというか、このところ気温が低かったから今年の桜の花は長持ちしてますねcherryblossom

先週なんですが、枝垂れ桜が有名な「清瀧院」というお寺に行ってきました。

圧倒されましたよcatface

201941094255.jpg

201941094326.jpg

いやー、すごいわ。枝垂れ桜は樹齢400年ですって。

じゃあ真ん中のイチョウはどうなっちゃってんのこれ。でかすぎて怖い・・・。

 

さてさて、今回もアース・リーでは珍しいストーブなのですが

石村工業さんのクラフトマン。窓が大きいPW-2のほうですね。

20194109586.jpg

まだ燃焼説明してないので、燃え方とかはその時にupしますね。

時期的に来シーズンかもしれませんが。

 

で、下から見上げてもまず見えないと思われるこの部分。

この垂木と化粧板のスキマがすっごい狭いんです。ほんと1mmあるかないか。

201941010431.jpg

これはですね、ただごとではないですよpig

何がすごいのか説明するとえらいめんどくさい文になりそうですので

よーうーすーるーにー

・屋根上のチムニーがド垂直(大工さんすごい)

・そのチムニーのド真ん中にド垂直に煙突ついてる(アース・リーすごい)

寸法で追ってる垂木のキワキワということは、そういうことなんですねー。

お見事でしたsmile

                   モン

バーモントキャスティングスといえば

薪割りの影響なのかストーブを運んだ影響なのか

この日のモンドリーは腰が痛かったのでございます・・・。

前の日から様子がおかしかったのですが、当日の朝にトラックに乗ろうとした時に限界をむかえましたdespair

持ち上げられなくはないけど絶対ストーブ持って歩けないなと判断し、呼びましたよタミーを。

20194485747.jpg

バーモントキャスティングス自体多くはやってないですが、その中でもアンコールばっかりな気がするな。大きさ的にも我々の地域だとそうなるんでしょうなあ。

 

2019449365.jpg

 

そういえばウォーミングシェルフの説明書が日本語になってました。

何年か前に初めて取付けた時はけっこう迷ったもんな。

こうして見ると「THE薪ストーブ!」って感じでかっこいいですなshine

                  もん

WDって?

今回は壁抜きでドブレ640WDを設置。

壁というか窓ですね。

201933092739.jpg

窓抜きってどうなんでしょ、まわりで見たことありますか?

案は出るけど実際やったのは初めてでしたcatface

今回は固定するための良い場所が無かったので、貫通して最初の位置決めが大変でした。

201933093221.jpg201933093245.jpg

サッシ枠に合わせて化粧板とケイカルを加工してボルト穴開けてなんですけど

事前にやっといて良かった・・・これだけで2時間くらいかかったわsad

 

201933093755.jpg

設置されたドブレ640WD

ところでこの「WD」ってなんなんでしょ。

前モデルのCBJはクリーンバーンの日本(Japan)仕様ってのは輸入元のメトスさんに聞いたことがあるんですが・・・じゃあまた聞いてみましょ。

 

はい。棚卸し真っ最中で大忙しのメトスのTさんに聞いてみたよ!pig

WDというのは「WOOD」仕様ということで、クリーンバーンの「CB」はもはや当たり前だからあえて入れてないんですって。

なるほどー。これで雑学LVがまた上がりましたね、ありがとうございました。

                        MND

 

薪つくりイベント

今年はシーズン後半の設置のほうが多くて、まだここに書けてないストーブ達のこともあるのですが・・・まあまあとりあえず先日開催した薪つくりイベントのご報告させてもらいますかね。

今回はオーナーさん限定で開催しましたーchick

天気予報の関係で日曜に変更になっちゃいまして、ご参加の人数はちょっと減っちゃいましたが、そのぶん私がんばりました!いや、いつもがんばってますよ。いつも。

でまあ、がんばりすぎちゃったんでしょうね。過去最大級の筋肉痛きましたよ。予想通り1日おいて火曜に。

もう即日には訪れてきてくれない痛み・・・せつないpig

 

斧降りすぎて手がプルップルになる前に写真を撮らねばと思いパシャリ。

201932312248.jpg

201932312330.jpg

この日のもうひとつの感想。ハスクバーナすげええぇ。

正直チェーンソーの知識あまり深くないので、どこと比べてここが良い!とか

おほー、いいレスポンスしてるねー。とかはわかんないですsweat02

「すげえ切れんじゃん・・・切り終わんのめっちゃ早いし」が単純な感想。

パワーある機種=重いんですけど、切る時間が短いから逆に疲れないってハスクバーナの担当さんが仰ってましたが、これ本当ですわ。納得。

実際に使わせてもらったのは3120XPと555(たぶん)

555は排気量半分とは思えないパワー感だったなー。

2019323122022.jpg

             モンドリー

WDは続くよ

今回は背面貫通プランの640WD。

床下補強して炉台をいろいろしてる時のKO。

どうやら花粉がすごいらしく、ぐったりしてますgawk

2019310162632.jpg

だがしかし、ぐったりタイムは与えずすかさず搬入。

背面の鉄板には前もって開口済。まあそりゃそうですわな。

2019310162811.jpg

今回はちょっと大変で、完成がどうしても次の日になっちゃうので

2日目の工事終わったらそのまま燃焼説明もボクがやらせてもらいましたsun

 

実際に燃えてるのは見てるけど着火からは初めて。

オーナーさんに着火してもらって、その直後からバッフルの上に排気が吸い込まれるように

上がっていく。いいっすね。

温度上げてレバーを調整する段階まできて、実際にやってもらう前にちょっと自分で

確認。いわゆるオーロラみたいな炎にしてみたんだけど・・・すごいわ。

今回から給気レバーが1本になって、左が開きで右が閉まりなんですが

真ん中から右の間でレバー動かす時の炎の挙動がスバラシかったですsmile

2019310165118.jpg2019310165142.jpg

続くというのはこれだけではなく、昨日設置したのもWD。

それもまた今度のせますね。

              モン

 

2階暖め作戦

さてさて、最近ご紹介できてなかったストーブたちをご紹介していきましょうかね。

このところ出番が多いドブレ640WD。

こんど載せますが、そちらも640WDでしたcoldsweats02

今回はこんな感じです。

2019371831.jpg

 

もう気づいちゃいました?

化粧板がないんですねー。そう、暖気を2階にあげようプランなのです。

もう工事してる最中から下から風がきてたんで、暖気なんて上がりまくりでしょうね。

なので2階の床もツーツー。

20193718659.jpg

ツーツー=落ちるなので、なるべく部屋の角にと。

で、またまたいつもと違う様子・・・。

2階天井にも化粧板がないのですよ。

 

こちらはプランではなく、2階の天井を開けてみたら構造材に当たっちゃったんです。

それを避けるために屋根貫通位置をずらしたので開口が化粧板で隠れなくなっちゃいまして

ケイカルでふさぐ方法に急遽変更になりました。

まさに開けてみないとわからないってやつですね。

201937181952.jpg

                      モン

ピッツァfrom千葉

カタカナ、英語、漢字。

題名だけで3言語を使いわける博識モンドリーです。

さて、このところの現場の情報もブログで書きたいのですが

その前に千葉店の守護者ロミオからヴィラムジーカさんでのピッツァをいただきましたのでご報告riceball

 

「1日たってるので電子レンジでチンして食べてね・・・」

どこからか聞こえてくる声・・・守護者の声か?

しかしだよ、ここをどこだとお思いだい。炎は燃えているのだよ。pig

2019225192158.jpg

2019225192239.jpg

急いでたからまだ火の勢いが強いままいれたからキッチンペーパー燃えてますが

気にしない気にしない!

炎のチカラで加熱されたピッツァがこちら

2019225192637.jpg

つたわらねえぇ・・・写真の腕がない?いやアイフォンの限界なんでしょたぶん。

実物はちゃんと温まって美味しくいただきました。

お気づかいありがとうございました。

                  モンドリー

乾いていると思っていても

皆さま、薪ストーブライフ楽しんでいらっしゃいますでしょうか。

下から太→中→細の順に組んでいって頂上付近の着火材に着火する上から着火方式だと

しばらく放置できたりもするんですが

あえて細い枝とか切り端だけで炎を育てたりとかして・・・遊んじゃったりもしちゃいますよねchick

で、いろいろ遊んでるうちに気づいちゃったりする事もあり。

 

例えば直径3~4cmくらいの枝だと、割らないでそのまま乾かしちゃったりしません?

樹種にもよるんだろうけどぜんぜん乾かなかったりするんですよね。

これは3年以上乾かしたケヤキなんですが、燃やしてみると

2019221143438.jpeg201922114354.jpeg

切り口から水が出てくるんですねー。

ジュージュー音も聞こえます。

薪の見た目じゃわからない場合が多いので、乾いてると思っていても

意外とそうでもなかったりします。

まあ細いの割るのめんどくさいのはわかりますけどねpig

                モン

JOTUL F305

JOTUL。そうノルウェーのメーカー

初めてロゴ見た時・・・読めた?

ボクはお察しのとおり読めませんでしたよ

カタカナ表記でヨツールだけど、本場の発音はどうなんでしょうね?

こんど行った時に確認してきます!pig

はいはい・・・

 

さ、そんなヨツールの中でも先鋭的なデザインのF305

屋根絡みの煙突は取付済みだったので、お部屋の中と本体設置にGO!してきました。

海が近い、いやもうほんとすぐそこが海岸のすてきなお家

201921818340.jpg

2019218183744.jpg

一応言っておきますけど、床には毛布ひいてコンパネ(板)ひいて

壁の振れ止めにもクッションかませてますからね

 

今回たまたま燃焼説明も私がお伺いすることになり実際に燃やしてみましたが、一言でいうならば

 

良き

 

いやー、良きよこれは

いつも誉めてばっかりだとおもしろくないでしょうけど良いんだからしょうがない

千葉店で燃やしてるんで実際に見てもらいたいですね、ほんとに

まあ設置側として、重いから大変ってくらいかなー

2019218185437.jpeg

                      もん