ホーム>スタッフブログ>タミーブログ

タミーブログ

虎目(タイガーストライプ)の薪

2019429112840.jpeg
2019429112959.jpeg
 
これは、割った肌が波打っている桃の木の薪だが・・・・
 
このような材を製材すると、あの美しい虎目杢の模様が浮かび上がるんだろう!
 
ギターやバイオリンに、また天板テーブルにもたまにある杢目だ。
 
木の生長する過程で、環境の変化に応じて繊維のねじれや縮みの癖が杢となってあらわれる。
 
それぞれ樹木ははだの表情が豊かで長所短所あるんだろうが、まるで人間と同じようだ。
 
樹木奥深し!
色々と考えさせられ、薪つくりはおもろいね!
 
Tammy

心のまぶたを・・・

201942893843.jpeg

   〜ブルートタン〜

先日の現場での帰り道に、
市原市(千葉)で里山風景に出くわし思わずショット。
 
その里地に、鮮やかな色のブルートタン小屋。
こんなシーン、いつも見るたびに考えさせられる事があってたので・・・書いてみた。
 
元々、平家寄棟が多く点在してた我が国の住まいの原風景。
 
その色あいと言えば・・・・・
黒いいぶし瓦・白いしっくい壁・板壁は経年変化で灰色に、
また銅板は緑青にと、色調は渋く落ち着いたグレーやダルトーンに統一されていた。
 
そう、決して鮮やかなカラーはそこには無かったんだろう。
昭和になって少し経ってからなのだろうか?
 
その風景にブルートタンや釉薬の青瓦が突如現れたのは。
きっと民集が色のついたものに、心理的にも飢えてたのかも知れない。
 
それがなぜブルーだったのかは、トタンメーカーの戦略か?知る由もないが。
 
おいら30代の頃は、この鮮やかなブルートタンはダサいとさえ感じてた。
 
が、風景のワンポイントとしてなかなかいいもんだな〜って思えるようになったのが、
10年ぐらい経ってからのことだ。
このブルー、日本らしくて実に味わいがあると思う。
 
月日が経たないと見えて来ないものがある。
同じ風景を見てるはずなのに、何にも感じる事が出来ないって?
 
それはまさに、
心のまぶたを閉じっぱなしな自分だったんだ!って事だね。
 
Tammy

 

クリスマスは出かけない

炎に優しくて照らされながら

20181224115515.jpeg

街中が混雑するのは苦手な方も多い??

そう、家で過ごすのが一番!
そんなオーナー様は、揺らめく炎に癒され時をゆったり過ごす。

もちろん家全体が暖かさに包まれ、炎色がクリスマスを彩ってくれる!

夕暮れになると家中が、まさに別世界!

薪ストとキャンドルの炎に優しくて照らされながら・・・・・

Tammy
 

薪ストの煙突工事 in千葉県

寒波の流れで・・・

寒波の流れでこの時期、既存住宅への薪スト工事も増えた。

千葉県の北〜南まで走り回る。

南房総でも、平気でマイナス気温になるらしい。

春はもうすぐ・・・、
薪スト煙突の工事はつづく。

Tammy

2018310141242.jpeg

2018310141310.jpeg

201831014145.jpeg

2018310141429.jpeg

 

2018310141335.jpeg

2018310142039.jpeg

201831014214.jpeg

 

アリーバ・ガス暖炉 in 行方市(茨城)

 

2017118153628.jpeg 201711815381.jpg

ガス暖炉だ。

特徴は、

手間いらずですぐ暖めてくれる。(暖房目安は18畳)

暖炉の雰囲気が味わえ楽しめる。

建築は「株式会社ミノワ」さんだ。

週末11、12日(土日)には、完成見学会が行なわれる。

ガス暖炉以外にも、こだわりのデザインに圧倒されるだろう!

オープンハウス内覧会へどうぞ!

詳細はコチラ→http://www.k-minowa.com

Tammy

 

ヴィンテージという名の薪ストーブ

「ドブレ Vintage 35」

2017102010659.jpg

木更津市(千葉)で雨の中の火入れ・・・・・

気温も下がり炎が恋しい時期が来た。

ストーブは
「ドブレ Vintage 35」だ!

ヴィンテージと言えば、クラシックなものをイメージしがちだが、

見た目、じつにモダンなスタイルだ。

高性能な炎のマシーンと言えるほど、燃焼効率も高く良くできている薪ストだ。

見た目、じつにモダンなスタイルだ。

高性能な炎のマシーンと言えるほど、燃焼効率も高く良くできている薪ストだ。

2017102010842.jpg


和にこだわる建築家!?

ほどほどにこだわるオーナー様!?(^_^;)

そんな度合いには、関係なく・・・・・

魅惑の炎は、今日も揺れていた!(^0^)

Tammy
 

〜桂の木〜

2017108145651.jpg2017108145737.jpg

サクラの次はカツラだ。

ストックヤードにて、
カツラの原木を一気に玉切りをした。

このカツラを片付ければ・・・・

ヤマモモ・エノキ・クスたちが待っている。

樹種別に薪づくりが基本っていうか、くせになっている。

その木の特性特徴がつかめるから・・・・。

そう、薪づくりで木を学ぶ! 

とっても面白いよ!

Tammy

〜ギターアンプ・VOX〜

2017108145214.jpg

楽器店のおやじが、これはいいと勧めたんで買ってみた。

が・・・・、いや、ほんとに良かった。

アコースティックの生音はもちろんのこと、

エフェクター音やアンプモデル音も数種から選べる。

マイクもさせて、リズムBOXもあり、出力は5W。

これで価格10000ほどのコストパフォーマンス!

最高だね!

Tammy

〜薪づくりシーズン〜

2017108144457.jpg

薪づくりのスタートだ!

夏が終わった!

この春、ストックヤード山盛りに貯め込んでいた原木に、
やっと手を付けられるちょっと涼しい時期となった。

チェーンソーで玉切り、薪割りだ!

2017108144626.jpg

2017108144733.jpg

まずは、桜の木をやっつけよう!

「さあ〜、ガンバレ」と、

ゴマダラ蝶が駆け付けて、応援してくれていた!

Tammy
 

〜薪ストの季節〜

201710814340.jpg

薪スト入れ替え工事だ!

既存住宅でも、そろそろ薪ストーブ工事が動き出すのか?


北の街ではもう、
哀しみを暖炉で燃やし始めてるらしい・・・・
・・・・・・・・・
遠慮はいらないから、暖まってゆきなよ〜〜♬

「襟裳岬」

毎年のことだが、
少しばかり肌寒くなった、この季節にはよく似合うメロディーだ。

森進一のど演歌を、
タクロー風にファンキーな感じで、歌ってみたい!・・ね(^0^)

Tammy