ホーム>スタッフブログ>タミーブログ

タミーブログ

アリーバ・ガス暖炉 in 行方市(茨城)

 

2017118153628.jpeg 201711815381.jpg

ガス暖炉だ。

特徴は、

手間いらずですぐ暖めてくれる。(暖房目安は18畳)

暖炉の雰囲気が味わえ楽しめる。

建築は「株式会社ミノワ」さんだ。

週末11、12日(土日)には、完成見学会が行なわれる。

ガス暖炉以外にも、こだわりのデザインに圧倒されるだろう!

オープンハウス内覧会へどうぞ!

詳細はコチラ→http://www.k-minowa.com

Tammy

 

ヴィンテージという名の薪ストーブ

「ドブレ Vintage 35」

2017102010659.jpg

木更津市(千葉)で雨の中の火入れ・・・・・

気温も下がり炎が恋しい時期が来た。

ストーブは
「ドブレ Vintage 35」だ!

ヴィンテージと言えば、クラシックなものをイメージしがちだが、

見た目、じつにモダンなスタイルだ。

高性能な炎のマシーンと言えるほど、燃焼効率も高く良くできている薪ストだ。

見た目、じつにモダンなスタイルだ。

高性能な炎のマシーンと言えるほど、燃焼効率も高く良くできている薪ストだ。

2017102010842.jpg


和にこだわる建築家!?

ほどほどにこだわるオーナー様!?(^_^;)

そんな度合いには、関係なく・・・・・

魅惑の炎は、今日も揺れていた!(^0^)

Tammy
 

〜桂の木〜

2017108145651.jpg2017108145737.jpg

サクラの次はカツラだ。

ストックヤードにて、
カツラの原木を一気に玉切りをした。

このカツラを片付ければ・・・・

ヤマモモ・エノキ・クスたちが待っている。

樹種別に薪づくりが基本っていうか、くせになっている。

その木の特性特徴がつかめるから・・・・。

そう、薪づくりで木を学ぶ! 

とっても面白いよ!

Tammy

〜ギターアンプ・VOX〜

2017108145214.jpg

楽器店のおやじが、これはいいと勧めたんで買ってみた。

が・・・・、いや、ほんとに良かった。

アコースティックの生音はもちろんのこと、

エフェクター音やアンプモデル音も数種から選べる。

マイクもさせて、リズムBOXもあり、出力は5W。

これで価格10000ほどのコストパフォーマンス!

最高だね!

Tammy

〜薪づくりシーズン〜

2017108144457.jpg

薪づくりのスタートだ!

夏が終わった!

この春、ストックヤード山盛りに貯め込んでいた原木に、
やっと手を付けられるちょっと涼しい時期となった。

チェーンソーで玉切り、薪割りだ!

2017108144626.jpg

2017108144733.jpg

まずは、桜の木をやっつけよう!

「さあ〜、ガンバレ」と、

ゴマダラ蝶が駆け付けて、応援してくれていた!

Tammy
 

〜薪ストの季節〜

201710814340.jpg

薪スト入れ替え工事だ!

既存住宅でも、そろそろ薪ストーブ工事が動き出すのか?


北の街ではもう、
哀しみを暖炉で燃やし始めてるらしい・・・・
・・・・・・・・・
遠慮はいらないから、暖まってゆきなよ〜〜♬

「襟裳岬」

毎年のことだが、
少しばかり肌寒くなった、この季節にはよく似合うメロディーだ。

森進一のど演歌を、
タクロー風にファンキーな感じで、歌ってみたい!・・ね(^0^)

Tammy

〜サウナ・ログハウス!発進〜

薪炊きサウナ

2017910153332.jpg2017910154354.jpg

ついに「薪炊きサウナのログハウス」が・・ベールを脱いだ!

先日、まずは社員のみんなでその醍醐味を存分に味わった。

2017910154828.jpg

薪エネルギーのサウナは、
電気のサウナでは決して味わえない心地よい熱さだ。

さらに・・・ロウリュウ!

2017910154619.jpg

薪で熱せられたストーブ上部のサウナ石に水をかけると、
熱波が背中に降り注いでくる。

充分に暖まった体を、
外にセッティングされた風呂桶にザブン!と浸かる。

2017910154721.jpg2017910154744.jpg

サイコーに気持ちe~~!

そんな、
本場フィンランド「薪炊きサウナ」を堪能したあとは・・・

バーベキュー納涼会へと突入し・・・夜が更けていった(^0^)

2017910154921.jpg

*アースリーでは
 スローで楽しい!快適な生活空間をご提案します! 

 もちろんログハウスごと請け負います。

体験されたい方は、いつでもどうぞ(^0^)

Tammy

 

〜天国への階段?〜

2017910152410.jpg

2017910152527.jpg

富士のふもと・・・・そもそも夏は天国だ!

そこにあるアースの家。

デッキからその外階段を降りてみると・・・、

なんと?・・・・楽しい天然風呂がある!

こんなユニーク発想(設計)はいかがかな?

うん〜〜〜、ワクワク気分になるね〜。

そんな子ども心も満載なアースの家!

この階段を、

「天国への階段」と呼ぼう(^0^)

Tammy

 

〜マークⅡ〜

2017910155821.jpghttps://www.youtube.com/watch?v=SqwNkA3r3MI&feature=share
マークⅡを歌った!

たくろうのデビュー曲(1970年)のタイトルだ。

3年後、中野サンプラザでのライブ収録。

アルバムタイトル「ライブ73」の音源は、まあ〜すごかった。

そのファンキーな音は、あの時代には衝撃的だった!

おそらく・・・・
ギターの高中氏が20歳ごろ?
たくろうも27だったんだろう?・・・・みんな若かった。

おいら13歳。

だから、詩の内容なんてわかる訳ない!

音のかっこよさだけに魅かれたのかもしれない?

「サヨナラが言えないでどこまでも歩いたね・・・・
 ・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・・
 年老いた男が、川面を見つめて時の流れを知る日が来るだろか?」

やっと二十歳過ぎてから、その詩の意味も理解出来たんだろう?

今思えば・・・・、せつなさがいっぱいだった。

おいら、あの頃どこに向かっていたんだろうか???

あれから・・・44年が過ぎようとしてるが・・・・

そんな「マークⅡ」を、

つい先日・・・・大声張り上げ歌った!

この曲、時代が変わろうとも・・・・

未だに衰えやしない!

名曲だ!

Tammy

〜明日に向かって〜

Earth re グラス

2017722132815.jpg

今日も暑かったね?

自前の「Earth re グラス」にビアーを注ぎ・・・・

飲み干しながら・・その一日をかみしめゆっくり反省する(^_^;)

んん?反省はいらないって??? 誰かの声が・・・・

「since 1995」

この文字を見ると力が湧く・・・

鵜用曲折あったが、
おいら今日まで生きてきたんだ!ってね。

だからこそ思う。

明日に向かって・・・走れ!!!

そのこぶしを握りしめて(^0^)

Tammy