ホーム>スタッフブログ>タミーブログ>薪ストーブ

薪ストーブ

こんどは520

続いて設置となりましたのは520。

こんどは前に「F」がつくヨツールのF520ですねsun

20213817402.JPG

202138174155.JPG

170kgあるのでパーツバラし中。

天板とリアヒートシールド外すと空冷のエンジンみたい。

まあ放熱的な役割は一緒なのかもですね。

 

202138174414.JPG

ノスの加入によりますます動かなくなるモンドリー。

そんなノス。いつも通り計ってる風なのかと思いきや、ちゃんと計算して口元の長さも割り出してました。

しゃあない、グッジョブを差し上げようpig

ちなみにこの炉台、施工途中でストーブ置くところだけ先にタイル張ってくれたもよう。

こういうデザインって言われても違和感ない?ある?

20213817514.JPG

 

こちら先日燃焼説明にお伺いした写真。

サイドガラスだと立体的に炎が見えていいですね。 モンドリー

20213817584.jpg

202138175832.jpg

 

 

525...540?

いつもお世話になってる工務店さんのモデルハウスに

ドブレ525を設置してきましたrvcar

平屋なのでチムニー建てて煙突長さ確保する囲いフラッシング方式です。

2021228164845.JPGのサムネイル画像

で、給気。

左が専用給気で右がストーブに直結させるためのジャバラ。

機種によってはオプションで外気導入のパーツが必要になります。

2021228165139.JPGのサムネイル画像

すでにタミーが燃焼説明に行っているのでその時の写真がこちらcamera

202122817258.jpg202122817337.jpg

やっぱり燃えてるほうが画になりますな。ああ、これがばえるってやつですねsun

 

525も小型の部類なんでしょうけど、WDシリーズにも小型機がデビューしましてですね。

たまたま解禁の前日にメトスさんで打ち合わせがあったので訪問させてもらったら

展示してあったので打ち合わせの隙間にパシャリ。

2021228171012.jpg

ドブレ540WD。640⇆760はそのままサイズが変わるような感じですけど

540は横幅だけをコンパクトにしたようなスリムスタイルshine

1部屋だけ暖めたいというニーズに最適ですね。  mon

2021228172111.png

茨城県にドブレ760WD

ここ最近、会社のwifiの調子がよろしくない。

wifiの調子が悪い。言い方としてこれが合っているのかどうかもわかりませんが

接続できませんとメッセージが出たり繋がっててもめっちゃ遅かったり...。

完全途切れてるときは電話もつながらないみたいだし早急に解決せねばsad

そういえばLANケーブルで繋がなくてよくなったのいつからだっけかな。便利になったものです。

 

さて、既存のお家に760WDを設置することになったこのお家。炉台を大谷石で造ることに。

2021220154852.JPG元の壁

2021220154934.JPG床下補強してケイカル張って

2021220155058.jpg石屋さんに大谷石を張ってもらう

いいですねー。goodjobですねー。

それで建築界の便利グッズでレーザーを飛ばし支持金物の位置を合わせると。

202122015550.jpg2021220155527.jpg

今回は下(床)基準で炉台位置、開口位置を追ったのと平屋だから合わせることができたのですね。

個人的には近未来感が出てレーザー好きでございます。

お子さんがいたりすると照射した瞬間「おぉっ!?」ってなってて楽しいですdelicious

202122016658.JPG

いいではないですか。いいではないですか!!!

燃焼説明もすでにされているので今頃は薪ストーブのある暮らしの真っ最中のはず。

楽しくお使い下さいませsmile

                    モン

カタログ写真みたいなF105

去年の12月、まあまあ寒い日だったはずsnow

背面抜きのヨツールF105、設置してきましたー。

ここはタミーが現調してきた段階で筋交いが絡まないのがわかってたのでシャシャッと開口。めがね石すっぽり。

2021129172224.JPGのサムネイル画像

平屋ですけど片流れ屋根の高い側なので壁出しでも煙突長さが確保できるのですよ。

開口から下のサポート下地作れたし、上のサポートは梁に止めれたりと条件すべてクリアhappy02

2021129174720.JPGのサムネイル画像2021129174823.JPGのサムネイル画像

 

後日タミーがお伺いし燃焼説明。

施工事例にも載せてますが、まあすてきに撮れているのですよ燃焼の様子がshine

2021129175152.JPG

2021129175240.jpg

ストーブによって呼び名は違いますが、F105の場合はコンベクションパネルという本体背面に着ける遮熱パーツ。

それをオプションで着けることによって必要離隔距離が短くなって

今回みたいに炉壁がいらないプランが成立するのですねsun

良きです!      もん

 

JOTUL F400で暖まりながら

2021124153344.jpg

202112416135.jpgのサムネイル画像

すでにインスタに燃焼中の写真がUPされています、とある会社様のF400。

打合せスペースに設置することになり炉台を先行施工して本体と煙突取付。

202112415374.JPGのサムネイル画像

煙突ルートや離隔距離、支持方法を考えながら設置してる様なノス。

ところがNonです。なんにも考えていませんchick

今回も炉台はドルチェ。

炉壁は見えないですけど倒れ防止の金物で固定してます。

 

壁面固定する煙突支持の金物。

下地の位置が全部見えてたので止めやすかったです。高くて怖かったですけどshock

2021124155411.JPGのサムネイル画像2021124155455.JPGのサムネイル画像

 

 

さて今日は雨...rain

ショウルームでF163が燃えている...。

じゃ、焼いてみますか。

202112416558.jpg202112416626.jpg20211241679.jpg

202112416739.jpg20211241683.jpg

 

巻く→突く→焼く→溶ける→食う

そんな感じで思いつきでコンビニで買ってきてやってみたんですが

魚肉ソーセージとチーズは合わないということが判明しましたpig

なぜシャウエッセン的なやつにしなかったのか。NAZO。

 

明日は北のほうの現場。

今日のこっちの雨が雪だったりするのでしょうか。楽しみですねsnow  モンドリー

 

 

HETA NORN soapstone+oven

長年使っていたアンコールからの入替sun

今シーズンはなぜだか本体入替が多いです。

何年に1件くらいだったのに今季は3件。

今回の場合はパーツが破損してて、交換で費用がかかるなら本体を...

ということで選ばれたのがヒタのノルン。

オーブンを装備し、ソープストーンを纏いし者。

2021121162224.JPGのサムネイル画像2021121162335.JPG

クラシックタイプとモダンタイプ。やはり雰囲気がぜんぜん違ってきますね。

 

ちなみに背面バーミキュライトにはロゴが彫られててかっこいいです。

そして固定金具の外し方を絵にして梱包材に表示してくれている優しさ...サンキューデンマークcrown

2021121163450.JPG

2021121163516.JPG

 

言っていいのかどうなのか、実はワタクシ...初ヒタでございます。

正直この日まであなどっておりました。

燃焼させていただいたのですが、素晴らしいですshine

 

オーブンが40分で200℃になるとか、ワンレバーで変化するドラマティックな焔とか

カタログに書いてありまして、またまた〜。盛りですか〜delicious

なんて思ってましたが......申し訳ございませんsign01本当でしたsign03

まあ母数が1なので、このお家ではって話になっちゃいますけど。

給気レバーも2/3も閉めたらかなり絞られて焰ユラユラですよ。

そんな感じでまた良きストーブに出会ってしまいました。

           MON

202112118456.jpg

 

続いたコンツーラヤンソン

という訳で年末に続いたヤンソンの設置sun

煙突が似合うステキな雰囲気のログハウス...と見つめられるKOHcatface

2021112163230.JPG2021112163412.jpg

ねこさんにまとわりつかれたり、わんさんに見つめられたり羨ましいですね...。

 

 

炉台のレンガは(株)メイクさんのドルチェシリーズ、良い色と風合いです。

2021112164627.JPG2021112164655.jpg

床の敷きパターンは左官屋さんのお勧めもありヘリンボーン柄にshine

写真だとわかりにくいですけど背面排気で天板が全部使える仕様。

 

後日タミーが行った燃焼説明の時の写真、

202111217438.jpg

よい燃焼をしていたとのことですsmile

コンツーラいいね!good  モン

新年明けましておめでとうございます

2021年、明けましておめでとうございますfuji

アース・リーはお正月休みが長く、今日から営業開始でございます。

20211914333.jpg

本来ならば毎年のシーズン前と1月に薪ストーブ体験イベントを開催しているところなのですが

この状況ですので今シーズンは無しでございます。しかたなしですなdespair

そのぶんSNSでの発信もbsbsしていきたいと思いますので

皆様、本年も宜しくお願いいたします。 

                 スタッフ一同

20211914236.jpgのサムネイル画像

コンツーラC51ヤンソン

このところのコンツーラ、ぐんぐんしております。

問い合わせも多いし実際設置も連続してヤンソンだし、どこかで特集でも組まれたのでしょうか...。

まあモダンスタイルでスッとしてるし、前も書きましたけど給気の操作感がクイックリーで楽しいんですよshine

20201224163352.png

あ、ヤンソンてクラシックタイプに分類されるんだ。

 

そのヤンソン1台目、いすみ市に行ってまいりました。

次の日が雨予報だったので外部先行で終わらそう!って話してたんですが

まあ上手くいきませんよ、はい。

しょうがないいつも通り中から攻めてくぜ!

2020122417027.JPGのサムネイル画像

202012241721.JPGのサムネイル画像

背面排気の場合には必ず付けます口元固定金具。すっぽ抜けちゃうからね。

ここまでで初日終了。ぼくとKは宿へ。Rは次の日が薪イベントのため帰宅。おつR。

宿からの1枚。あとは明日に雨が降らないことを月に祈るのみ...。

202012241779.jpg

。。。。。

。。。

。。

 

雨だわrain

2020122417858.JPGのサムネイル画像

2人してめっちゃ気をつけてやってます。

靴はもちろんハイパーV。

2人になっちゃったし、気をつけながらだしで結局終わったの夕方。

何事もなく終わってよかった。

 

後日タミーが行った燃焼説明。

工事の時にはあまり姿を見かけなかったネコちゃんがそこに。

やっぱり火の前にくるんですねsmile  モンドリ

2020122417150.jpg20201224171551.jpg

 

 

 

エンライト選手に変わりまして...エフゴヒャクゥ

これまでエンライトミディアムを使ってきたオーナーさん。

ご自分でパーツもはずして煙突掃除もこなしてらっしゃいまして、そこで気づかれましたインナートップの割れ。

ダンパーが乗ってる部分で天板外さないと見えてこないパーツですね。

ちょっとしたヒビじゃなくてけっこうパッカリ割れていたので本体交換となりました。

20201221101449.JPGのサムネイル画像20201221101729.JPGのサムネイル画像

室内でシングル煙突を使っている仕様だったので、これを機に断熱2重煙突へ変更!

今回F500になった理由としましては、「壊れにくくて炉内が大きくてサイドドアが左でクリーンバーン機で」

やだ...この子ぴったりすぎない?pig

で資料みてたら外気導入の太さ(80φ)は同じだし、床方向に出てる位置もほぼ同じ。

もはや迷うまでもございません。

20201221102928.JPGのサムネイル画像

かっこいいですね...良きです!

 

空気乾燥してますね。パサパサですね。

そんな時期の、もはや風物詩と言ってもよいのではないでしょうか町内会の安全パトロール。

拍子木をカンカン鳴らして「火の用心!マッチ1本火事の元!」ってあれです。

はい、行ってまいりました。息子と初参加。

2020122111430.pngのサムネイル画像2020122111519.jpg

赤く光る剣のような物を今の小学生に渡すとほぼほぼこうなるでしょう...。

きちんと乗っかっております、鬼滅の刃。はしゃいでおりましたthunder

 

オーナーの皆さんのお家伺うとかなりの確率でヤカンとかスチーマーがストーブに乗っかってらっしゃいます。

かわいいスチーマーも色々ございますのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。 門柱

20201221112618.jpg